月別: 2018年1月

腰の痛みは重病のサイン?腰痛と体調不良の関係を理解しよう!

健康な人が急に腰痛を患う原因

腰の痛みは長時間体を動かし続けている人や、同じ姿勢を続けている人が多く発症する鈍痛です。筋肉のこわばりによって血流が阻害され、痛みを感じる神経が刺激されることで特有の痛みが発生します。また、無理な姿勢を取ったことで腰に過剰な負担がかかり、骨に異常が生じた際も同様の痛みが発生するので、根本的な原因がわかりにくいのが腰痛の問題点です。マッサージや湿布の使用で痛みを一時的に解消することが出来ますが、適切な処置を施すためには原因の特定が不可欠です。そのため、病院での検査が最も賢明な対処法になります。

また、腰に負担をかけない健やかな暮らしを営んでいる人も急に強い痛みに見舞われることがあります。予兆の無い腰痛は多くの場合、腰に近い部位で生じた病気の症状の一つなので早急に精密検査を受けることが大切です。

病気による腰痛の仕組みと解消の方法

内臓や筋肉などの組織が病気で傷むと神経が刺激され、周囲に痛みを感じることがあります。通常は患部に近い部位に痛みが発生しますが、神経の繋がりによっては患部から離れている腰に鈍痛が生じることがあります。病気が原因の痛みは通常の腰痛とよく似ている他、中高年層の人に多く見られる症状なので誤解しやすいのが特徴です。また、マッサージによって一時的に痛みが緩和される点も病気に気が付きにくい原因の一つになります。

病気から派生する腰痛は症状の進行とともに強くなり、場合によっては歩行が出来なくなることもあります。病気を治すことで腰痛も解消されることから、速やかに原因を特定したうえで適切な治療を受けるのが正しい方法です。

腰痛の代表的な治療の一つとして腰痛 注射があります。腰の痛みがある部位の近くの神経に、局所麻酔を注射することにより神経が興奮している状態を抑える作用があるとされています。

肩こりは万病のもと?簡単マッサージで辛い痛みを解消しよう!

肩こりを患う原因と体への悪影響

肩こりは肩の筋肉がこわばり、自由に動かせなくなる状態を指します。多くの場合、慢性的な鈍痛を感じるので精神的な負担も大きく、症状が進むと生活に支障が及ぶこともあります。肩こりは重たい荷物を頻繁に持ち運ぶなど肩に大きな負担をかけることで発症します。また、長時間同じ姿勢を続ける行為も筋肉の柔軟性が損なう要因の一つです。服用する薬剤の副作用で肩こりを患うケースもあるので、体を動かす機会が少ない高齢者でも肩の不具合に悩まされます。

肩こりは個人の体質によって感じ方が違うので、殆ど自覚が無いまま筋肉のこわばりが重篤化することもあります。肩こりを放置すると血液の流れが悪くなり、血栓が出来る可能性もあるので早期の解消が健やかに暮らすための条件です。

自分で肩こりを解消する工夫と暮らしの中での予防法

肩こりは病院での投薬治療で解消することが出来ますが、通院に手間がかかる他、個人の体質によっては薬剤の効果が低くなる問題があります。また、軽度の肩こりはマッサージを受けることで鈍痛を緩和させることが可能です。肩こりを解消させるマッサージは按摩屋や指圧師などの専門職に頼むのが効果的ですが、自分でマッサージを行うことも出来ます。自分で肩こりを解消させるためには肩に負担がかからない方法でマッサージを行うことが大切です。そのため、バイブレーダーや低周波治療器などのマッサージ機器を使うのが無難な対処法になります。

暮らしの中では定期的に軽い運動を行って肩の筋肉をリラックスさせる他、血行を良くする食品を多く摂取することで肩こりの発症リスクを軽減させることが可能です。

肩こり 注射治療は筋肉へ注射するものと、神経に注射するものがあります。注射治療は筋膜性の肩こりには即効性があると言われています。

美肌を目指すならピーリングの方法をマスターしよう

ピーリングの特徴を知ろう

ピーリングは、肌のターンオーバーを促進することで、肌荒れやニキビなどのトラブルを予防したり、症状を和らげたりできる方法の一つです。特に、デリケートな肌を守るために、定期的にピーリングを行うことによって、良好な肌質を維持することが可能です。ピーリングのやり方には様々なものがありますが、費用や肌の状態に配慮しながら、自分に合ったものを選択することが大切です。例えば、自宅でピーリングを行いたい時には、美容化粧品や家庭向けの器具を用いることで、忙しい人であってもスムーズに美肌を目指すことが可能です。また、より効果的なピーリングに取り組むうえで、皮膚科や美容外科の専門医のいるクリニックで治療を受けることもオススメでです。

ピーリングの後のケアが大事

ピーリングの施術を受けられるエステやクリニックは数多くありますが、長期的にきれいな肌を保つために、アフターケアに力を入れているところを探すことが重要です。例えば、患者の肌の状態に合ったアフターケアの方法を採用しているクリニックを選ぶことによって、敏感肌や乾燥肌などのトラブルに悩まされている人であっても、効率よくケアに励むことができます。また、ピーリングの後の仕上がりの良さについては、担当の医師の腕前にも大きく左右されるため、信頼のできるクリニックへ通院を続けることが肝心です。もしも、ピーリングの後にかゆみや痛みなどの症状が現れた場合には、患者へのサポートの良さに定評のあるクリニックに対応を任せることが大事です。

ピーリング処置は専用の薬剤の塗布で古い角質の剥離を促進させるため、安全性を重視することが大切です。薬剤が体質に合っていることや処置後の肌トラブルが無いことを確認するのが安全な美肌維持に繋がります。

ただ摂るだけじゃだめ!?効果的なヒアルロン酸の摂り方

時間帯を変えるだけで吸収率が変わる

アンチエイジング効果や美肌効果を期待して、ヒアルロン酸サプリメントやドリンクを取る人はたくさんいますね。でも、まいにち何気なくとっているつもりのヒアルロン酸は、ちょっと摂り方を変えるだけで驚くほど体内に吸収されるってご存知ですか。

肌を作るゴールデンタイムは夜10時から夜中の2時までだと、多くの人が知っていますよね。実はこの時間の手前、寝る直前に摂るのが、最も吸収率を高めてくれる方法です。人間の身体は寝ている間に美肌を作ることができる優れた機能を持っているからこそ、できるだけ効果を維持できるようにしたいですね。

もし夜10時から夜中の2時までに摂れない人でも、寝る直前に摂っていれば効果を発揮する可能性が高いので、ぜひ寝る前に摂る習慣を身に着けて美肌を目指しましょう。

一緒に摂るものを増やすと吸収率が高くなる!?

ヒアルロン酸は単体でも美肌やアンチエイジング効果に驚くほど効果的ですが、さらに吸収率を高め、美肌効果を期待できるようにするなら、一緒に摂る物を工夫してみませんか。

ヒアルロン酸と一緒に摂ると効果的なのは、コラーゲンやビタミンCです。一緒に取り入れる事で、肌の内側から潤いやハリが期待できる成分として知られています。肌の保水力が高いヒアルロン酸と一緒に取り入れる事で、肌の乾燥を防ぎ、美肌に近づけるでしょう。

また、節々の軟骨を生成するのに効果的と考えられるグルコサミンやコンドロイチンにも保水力を高める効果があるといわれており、一緒に取り入れると相乗効果が期待できます。特に体内でヒアルロン酸の生成を促すグルコサミンは、ぜひ一緒にとり入れたいですね。

ヒアルロン酸は水分を保持する力が強く加齢とともに減少していく成分です。お肌の潤いをキープするために好まれています。美容目的のサプリメントや成分が配合された化粧品などたくさんの商品があります。

もうこれ以上そばかすを増やさない!その方法とは!?

ソバカスを防ぐのに最も大切なのは紫外線カット!

紫外線を多く浴びすぎるとできてしまうシミやそばかす、どう対策すればいいのでしょうか。特にそばかすはシミと異なり、肌の老化よりも遺伝的な要因が多く、色白な人ほど起こりやすくなります。ソバカスがこれ以上できないためにすることは、何といっても紫外線対策です。紫外線は夏だけではなく冬の間、そして雨や曇りの日でも一年中降り注いでいます。日中外に出る時には日焼け止めを全身にむらなく塗るだけでなく、できれば帽子や日傘を使用することが望ましいです。家にいる間は紫外線対策が必要ないと思うかもしれませんが、紫外線にはA波、B波と二種類あり、その中でもA波はガラス窓を越えて屋内に入ってきます。そのため、室内だからといって気を抜かず、朝起きた時から日焼け止めを塗ることが大切です。

栄養素を取ってターンオーバーを促そう

ソバカスを防ぐのに最も効果のあるのはビタミンCです。ソバカスを防ぐだけでなく美白にも効果があるので毎日しっかり摂取していきましょう。また、たんぱく質は皮膚のターンオーバーを促し、メラニンの排出を防ぐことができるので、お肉や魚、卵や豆・乳製品もバランスよく食べるのがポイントです。その他、抗酸化作用のあるβカロテン、ビタミンC・Eが豊富に含まれている緑黄色野菜や果物をしっかり取るとなおよいでしょう。もちろん、普段外食が多い方や栄養価の高い食べ物を摂取することが難しい方は、市販のサプリメントを利用するのがお勧めです。そして、睡眠をたっぷり取ることでお肌の生まれ変わりを促進することができます。

そばかすは遺伝的な要因が強いと言われており、日本では色白の方に多い傾向があります。紫外線が原因で悪化する場合もあるので、予防が必要です。

ただ痩せるだけではダメ?健やかな肥満治療を心がけよう!

肥満治療の詳細とリバウンドの原因

肥満治療は医師による減量治療や指導を指します。脂肪が増えすぎると運動や食事制限だけでは減量が難しくなるので、医療的な処置が必要になります。肥満治療は食欲の抑制や脂肪の蓄積を防ぐ効果のある薬剤を投与して体質の改善を図る他、生活面の問題点を解消する指導を行うのが一般的な内容です。多くの場合、適切な処置と指導で体重を減らすことが出来ますが、その一方で一度減量してもすぐにリバウンドしてしまうケースもあります。リバウンドの多くは医師の指導に沿った改善策を実施しなかったのが原因なので、肥満治療を受ける患者の側にも真摯に取り組む姿勢を持つことが求められます。

肥満治療を成功させるためのポイント

肥満治療は医師の治療や指導の他、患者自身も指導を遵守して健やかに暮らすことを強く意識することが大切です。単に体重を減らすことだけを目的にすると、治療の効果が出た時点で気の緩みが生じてしまい、食べ過ぎや夜更かしなどの悪癖を再発させて体重がリバウンドしてしまいます。生活面での明確な目標を立てることで治療後のリバウンドを防ぐことが可能です。また、自分一人だけで抱え込まず、親族や友人などの協力を得るのも肥満治療の成功率上昇に繋がります。身近な人のボディラインや食生活を引き合いにすることで肥満治療を継続させる意思を強く持ち続けることが出来ます。体重が適正な数値になった後もリバウンドを防ぐため、常に体重の数値を意識するような環境の中に居るのも高い効果が得られる方法です。

肥満治療は薬剤の投与による脂肪の排出促進の他、生活面の指導も重要なポイントです。リバウンドしないように食事の内容を見直し、運動を定期的に行うことを指導することで治療効果の維持に繋がります。

みんなはどうしてる?脱毛サロンでのVIO脱毛

聞きたいけど聞けない!VIOの脱毛とは?

皆さんはVIOの脱毛はどうしていますか。え?何もしてないよ!って人も多いのではないでしょうか。筆者も少し前まではその1人でした。しかし、脱毛サロンで全身脱毛をはじめたことで必然的にVIO脱毛がスタートし現在に至ります。ここではこれからVIO脱毛をはじめる人の参考になれば良いなと思って書きます。

まずは初歩的なところからVIOとはデリケートゾーンを指し、Vは体を正面から見たときに見える部分すなわちビキニライン、Iは陰部の両側、Oはお尻の穴周りです。これだけでも結構恥ずかしい単語が出てくるので人には聞きづらいですよね。筆者は聞けなかったので必死に調べました!

VIOの脱毛は肌が柔らかい上に敏感でさらに自分では見えにくい場所ですので自己処理はお肌を傷つける危険があります。なので出来るだけ脱毛サロンなどプロに脱毛をしてもらいましょう。

脱毛サロンでのVIO脱毛とは?

VIOの脱毛は実際にどんなことをするのか気になりますよね。VIOの脱毛もほかの部位の脱毛と一緒で脱毛機で光を当てていきます。ここで知っておいてもらいたいのはVIOはほかの部位に比べて光を当てたときに痛みがあります。感じ方には個人差がありますが、結構痛いと感じる人が多いです。ちなみに筆者は数回通った今でも痛いです!が我慢できないほどではありませんのでご安心ください。それに加え、自分のデリケートゾーンを他人に見られるわけですからかなり恥ずかしさもあります。痛みと恥ずかしさがあることを知っているのと知らないのでは心の準備が違います。なのでこの記事を読んだあなたは是非心の準備をおすすめします!

いかがでしたか。少しでもVIO脱毛のイメージを掴んでいただければ幸いです。

VIOライン脱毛とは陰毛の形を整え量を減らす美容法です。鏡を前にしたとき目に入る部分をVゾーン、性器周りをIゾーン、肛門周辺をOゾーンと呼び、施術により水着を気兼ねなく着たり、日常を快適に過ごせます。