薄毛の原因とその対策方法を知りましょう!

なぜ薄毛になるのでしょうか?

薄毛の予防をする前に、なぜ薄毛になるのかの原因を理解することが大切です。薄毛と男性ホルモンには相関関係があります。男性ホルモンが多い人は男性ホルモンの少ない人と比べて薄毛になる可能性が高いのです。男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼという物質と体内で結合してジヒドロテストステロンという物質に変化します。このジヒドロテストステロンは発毛抑制効果を持っていますので、薄毛予防をしたい人はこの働きを押しとどめることが根本的な解決方法になります。その手段としては、ジヒドロテストステロンの働きを妨害するスピロノラクトンやオキセンドロン成分が配合された育毛剤を使用することです。

育毛剤以外の薄毛対策

薄毛予防の方法は育毛剤の使用以外にもあります。それは食生活の見直しです。たとえば、皮脂の分泌を促す食事ばかりしないことです。揚げ物や肉類を食べることはできるだけ控えたほうがいいでしょう。また、早めに寝ることも大切なことです。睡眠時間をしっかりと取ることはもちろん大切なことですが、22時から午前2時までのゴールデンタイムにしっかりと寝ると成長ホルモンが分泌されて発毛促進にもつながるのです。さらに、シャンプーの回数を1日1回にするだけでも大きく変わります。朝と夜にシャンプーをする人がいますが、これは頭皮に必要な皮脂を奪ってしまう行為です。頭皮環境の悪化につながりますのでやめましょう。このような薄毛対策を行うことで薄毛は予防できます。

医療機関で発毛治療を受ける場合、生え際が自然な雰囲気になるように周りの地毛を調節することが大切です。特に白髪が多い人は毛染めを行い、色ムラが出来ないように工夫することを心がけます。