インプラントってどうなの?メリットとデメリットを知ろう!

入れ歯やブリッジのデメリットをカバー

健康な歯が揃いしっかり噛むことは、全身の健康にもつながります。しかしながら、永久歯を一度失うと再び歯が生えてくることはありません。失った歯を補う方法として、入れ歯やブリッジが一般的でした。比較的費用も安く手軽に受けられる治療ですが、入れ歯は噛み心地に違和感が生じたり、ブリッジは健康な歯を支えにすることから健康な歯を傷つけてしまう恐れがあります。それらのデメリットをカバーできるのが、インプラントです。顎骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を被せる方法です。天然歯のようにしっかりとした噛み心地が得られ、固い食べ物も安心して食べられます。もちろん健康な歯にダメージを与えることもありません。インプラントの歯は見た目も良く、虫歯にならないのもメリットです。

信頼できる医師を探そう

そんなメリットのあるインプラントですが、デメリットもきちんと知っておきましょう。まずインプラントは外科的治療となります。歯肉を切開し、ドリルで骨に穴を開けるといった施術です。簡単とはいえない内容なので、実績のない医師に依頼すると失敗する恐れもあるので注意が必要です。そのため、実績や症例数の多い信頼できる医師を探す必要があります。また、外科的治療であるため治療期間が長くなります。インプラントを埋め込んだ後、顎骨と結合するために期間を空けなければならないからです。トータルの治療期間の平均は3~10か月ほどといわれています。その他にも、インプラントは保険適用外なので費用が高額になりがちです。歯科医やインプラントの種類によっても、金額が大きく異なります。

インプラントをお考えなら、メリットとデメリットの両面を理解しておきましょうね。

杉並区で行うインプラントは、豊富なクリニックの中から選べる点や、都内からのアクセス性に優れている点など、多数のメリットが存在します。