肩こりは万病のもと?簡単マッサージで辛い痛みを解消しよう!

肩こりを患う原因と体への悪影響

肩こりは肩の筋肉がこわばり、自由に動かせなくなる状態を指します。多くの場合、慢性的な鈍痛を感じるので精神的な負担も大きく、症状が進むと生活に支障が及ぶこともあります。肩こりは重たい荷物を頻繁に持ち運ぶなど肩に大きな負担をかけることで発症します。また、長時間同じ姿勢を続ける行為も筋肉の柔軟性が損なう要因の一つです。服用する薬剤の副作用で肩こりを患うケースもあるので、体を動かす機会が少ない高齢者でも肩の不具合に悩まされます。

肩こりは個人の体質によって感じ方が違うので、殆ど自覚が無いまま筋肉のこわばりが重篤化することもあります。肩こりを放置すると血液の流れが悪くなり、血栓が出来る可能性もあるので早期の解消が健やかに暮らすための条件です。

自分で肩こりを解消する工夫と暮らしの中での予防法

肩こりは病院での投薬治療で解消することが出来ますが、通院に手間がかかる他、個人の体質によっては薬剤の効果が低くなる問題があります。また、軽度の肩こりはマッサージを受けることで鈍痛を緩和させることが可能です。肩こりを解消させるマッサージは按摩屋や指圧師などの専門職に頼むのが効果的ですが、自分でマッサージを行うことも出来ます。自分で肩こりを解消させるためには肩に負担がかからない方法でマッサージを行うことが大切です。そのため、バイブレーダーや低周波治療器などのマッサージ機器を使うのが無難な対処法になります。

暮らしの中では定期的に軽い運動を行って肩の筋肉をリラックスさせる他、血行を良くする食品を多く摂取することで肩こりの発症リスクを軽減させることが可能です。

肩こり 注射治療は筋肉へ注射するものと、神経に注射するものがあります。注射治療は筋膜性の肩こりには即効性があると言われています。