ただ痩せるだけではダメ?健やかな肥満治療を心がけよう!

肥満治療の詳細とリバウンドの原因

肥満治療は医師による減量治療や指導を指します。脂肪が増えすぎると運動や食事制限だけでは減量が難しくなるので、医療的な処置が必要になります。肥満治療は食欲の抑制や脂肪の蓄積を防ぐ効果のある薬剤を投与して体質の改善を図る他、生活面の問題点を解消する指導を行うのが一般的な内容です。多くの場合、適切な処置と指導で体重を減らすことが出来ますが、その一方で一度減量してもすぐにリバウンドしてしまうケースもあります。リバウンドの多くは医師の指導に沿った改善策を実施しなかったのが原因なので、肥満治療を受ける患者の側にも真摯に取り組む姿勢を持つことが求められます。

肥満治療を成功させるためのポイント

肥満治療は医師の治療や指導の他、患者自身も指導を遵守して健やかに暮らすことを強く意識することが大切です。単に体重を減らすことだけを目的にすると、治療の効果が出た時点で気の緩みが生じてしまい、食べ過ぎや夜更かしなどの悪癖を再発させて体重がリバウンドしてしまいます。生活面での明確な目標を立てることで治療後のリバウンドを防ぐことが可能です。また、自分一人だけで抱え込まず、親族や友人などの協力を得るのも肥満治療の成功率上昇に繋がります。身近な人のボディラインや食生活を引き合いにすることで肥満治療を継続させる意思を強く持ち続けることが出来ます。体重が適正な数値になった後もリバウンドを防ぐため、常に体重の数値を意識するような環境の中に居るのも高い効果が得られる方法です。

肥満治療は薬剤の投与による脂肪の排出促進の他、生活面の指導も重要なポイントです。リバウンドしないように食事の内容を見直し、運動を定期的に行うことを指導することで治療効果の維持に繋がります。